今日は「左脇」の日

今朝の出来事。 

8時半過ぎ、知らない固定電話からの1本の電話。 

「プー(公衆電話の音)あ、もしもーし、俺、オレオレ」 

「・・・」 

こんな時間に電話、しかも公衆電話、

とくれば、
息子が学校で何かやらかしたに違いない、

しかも電話をかけてくるとなると、
何か私が動かなければならないに違いない、

それなのに、
何が「もしもーし」だ、「俺、オレオレ」だ。

悠長か。 

「もしもーし、聞いてる?あのさあ、今日さあ、俺、間違ってジャージ(プツ)」

 プーップーップーッ。切れた。10円しか入れてない。 

10円しか入れてないのに、しゃべり方がまったり。

悠長か。

ジャージ、というキーワード。 

ジャージの日だったのに間違えて制服着て行った? 

いや、息子は今日ジャージを着て行った。 

じゃあ、ジャージを着て行ったのに制服だった? 

息子の部屋に入り、制服を探してみる。 

無い。 

いつも掛けてある黄色いハンガーに、掛かって無い。なぜ? 

再度コール音。 

「もしもし俺だけど今日ジャージ着て来ちゃって制服の日だったんだけど」 

さっきより早口。素直か。 

この場合「もしもし俺だけど」は要らない。律義か。 

何で制服いるの?ジャージで1日いとけばいいんじゃないの?」 

「いや何でって、えっと、」

 あ、何でとか聞いてる場合じゃない、これはゴメン。

 「制服無いけどどこ?」 

あるよ、あるある。あるって。えっと、あれ?あ、そうだ、タンス」プーップーップーッ。 

まただ。なぜ10円しか入れない。30円くらい入れとけよ・・・

あ、持って行ってないのか。 

タンス?制服を?タンスに? 

今までハンガーにかけてあったのにまさか? 

あった。 

息子、なぜ、制服を、タンスに入れる・・・?

シワシワになってるじゃないか・・・!! 

なぜ、学ランを、こんな小さく畳む!? 

なぜ、ズボンを、プレスの向きに沿って畳まない!? 

何のためににあるハンガーだよ!!! 

再々度、コール音。 

この、切った後すぐに掛けてこないのは、もしかして10円ずつ誰かに借りてるのか? 

「あの、タンス、タンスにある、あるから」

焦ってる。まあ、気持ちはわかる。
すぐ切れちゃうからね。 

「あったよ見つけた」 

「持ってきて!!お願いします!!」 

「どうやって渡したらいいの?授業中でしょ?」 

「あっ・・・えっと・・・」プーップーップーッ。 

お約束か。 

再々々度、コール音。学校の電話番号から。 

「担任の○○ですー、すいませんお母さん、幸之介、公衆電話切れちゃったみたいで(笑) 

幸之介からの伝言で、『制服はタンスに入ってる』そうです(笑)」 

いや、見つけたってさっき言ったよね(笑) 

「こちらこそ申し訳ありません・・・今日制服使うんですか?」 

「いや、一応規則として、制服違いした場合は、

可能であれば朝、親に届けてもらうことになってるんですよ」 

はー、何かそんなこと入学の時聞いたな。 

ジャージも学ランも制服だから、「制服違い」って、言ってたな。 

ってことは、4月から今まで一回も間違えなかったのか。 

まあまあやるじゃないか(←違う) 

「すみませんでした・・・それで、どのように渡したらいいですか?」 

「学校玄関のインターホンでその旨言ってもらえれば、

そこで先生か事務が出て受け取りますのでお渡し下さい」 

「ありがとうございます、お手数おかけしました」 

っていうかあの子、いっつもクラスメートと一緒に学校行ってるよ。 

なぜ、友達が制服だと気付かない? 

しかも、ものっすごい早い時間に家出て、始業20分前くらいに学校到着してるよ。 

なぜ、途中で帰ってこない? 

っていうか、っていうか、 

相変わらずツッコミどころ満載過ぎて、呆れる通り越して笑える息子ですが、 

一番のポイントはこれ。 

なぜ、制服を、タンスに入れる? 

しわになるでしょうが!

何かきっと、とってもどうでもいい理由で、タンスに仕舞うことにしたんだろうな。

私が毎日部屋を片付けろ片付けろって言ったからかな。

そこは片付けなくていいところなんだけどな。

とりあえず、明日から、小銭くらいは持っていくように言っとこう。

(学校に届けたところ、職員室の前に置いてあった公衆電話は、 

テレホンカードの使えない、昔ながらのオレンジピンクのタイプでした)

#からだ占い 

#今日は左脇の日 

#受身に徹する 

#手中に落ちてくる 

#無力無為 

#環境作り 

#息子は左脇の人 

#精神性が高いカリスマ的存在 

#左脇の有名人 

#安室奈美恵 

#ダウンタウン浜ちゃん 

#松下幸之助 

#オノヨーコ 

#アインシュタイン 

#お母さんは信じる・・・ようにする    

カウンセリングルームイルカ〜こころとからだはつながっている〜

カウンセリングルームイルカは、量子漢方薬局ルナの『からだ占い®』部門として、 「からだからのメッセージ」を受け取るツール『からだ占い®』を気付きの種としてお配りします。  からだへの愛おしさを感じ、自分自身を知り、 それぞれのからだの役割を知り、  運命を自分らしく切り開いて欲しいのです。 こころとからだはつながっています。 一緒に、自分と自分の大切なひとたちのこころとからだを元気にしませんか。 

0コメント

  • 1000 / 1000