からだの声を聴くということ・その2

さて、昨日の続きです。

前回はこちら⇒からだの声を聴くということ・その1

私、実は、前にもありました、これ。 

去年の今頃、息子のサッカーの試合を見に、宮古島と3540mの橋で繋がった伊良部島にいた日曜日。 リーグ戦の当番校の仕事があり、キャンプ用のディレクターズチェアみたいなのに座って、

試合を応援しながら選手の受付とかしてた時、本当に急に謎の激痛に襲われ、 

娘と試合中の息子を他のお母さんに頼み、ちょっと病院行ってくるわごめんねと言い残し、

車を運転、すれ違う車もほとんど無い、田舎道なのをいいことに

(今考えると危ないし良くないことなんだけど)

激痛で途中途中で停車しながらも、ほうほうの体で伊良部島で一番大きな診療所に到着するも、 

日曜日だから、閉まってる。 

しかし宮古島までは車で30分、そこまで自分の運転で行ける気がしない、

夫は宮古島で仕事中、他の父兄に頼もうにもみんなそれぞれ役割もあるし、

これはもう、救急車を呼ぶしかない、と、病院の駐車場で救急車を呼びました。 

私、当時44歳にして、初めての救急車。

しかしですね、救急車で宮古島の県立病院に運ばれて、先生が診てくれたんですが、

いわゆる触診ですかね、ここは痛いですか、この体勢は痛いですか、など、

何か検査をするでもなく、治療をするでもなく、

私はとにかく激痛を何とかしてくれ―!!と思うのですが、先生は、

私を転がしてみては、違うなー、ここはどうかな、違うなー、みたいなことをしてるわけです。 

もうなんでもいいからどうにかしてー!と泣きそうになってたんですが、

ですがね、 「とりあえず痛み止めで様子を見てみましょう」と言われて、

普通の経口薬の痛み止めですね、ロキソニンだったと思いますが、

(それを片手に看護師さんが「痛いなら座薬でも大丈夫ですよ」って、今にも挿さんとばかりにもう片方の手に持っていて下さって、いやさすがにそれは・・・というやり取りの後)、薬を飲んだんですね。 

そしたらなんと、その30分後くらいでしょうか。すっかり治った。

んんん?すっかり治った?あんな痛かったのに?はて、なんの痛みだったのか?

その医者曰く、「おそらく、筋肉の炎症だと思います」って。 

筋肉の炎症って、筋肉痛ってこと? お腹が?

緊張していたんじゃないですか?体勢の悪い椅子で、応援で声も出していたでしょう?って。 

まさか、あのディレクターズチェアで?筋肉痛?お腹が? え、私、どんだけ運動不足?? 

もう、恥ずかしくて、どうしようかと思いましたね。 

大層に救急車で運んでもらって、筋肉痛って。お腹が。いやあ、本当に情けない。 


私、猫背でなで肩で、姿勢がいつも悪いし、胃下垂だし、

そういえば逆流性食道炎の時も、その時の内科の医師に 

「姿勢に気をつけて、腹筋を鍛えた方がいいですよ」って言われてた、私。 

そういえば宮古では水着で遊ぶことも多かったせいか、お腹もちょっとは気にして凹ませてたけど、 

そういえば40歳過ぎてからは日焼け防止でラッシュガードだったからたるんでたな・・・

(←どうでもいいことまで回想)

ちょっと腹筋がだらしないって、恥ずかしいから、なんとかしないとな、と思ったんですね、当時。

ようするに、今回の痛みも、これだったんだろうなと、

そういえばこんな痛みだった気がする、と思い出しました。 

もう一回言いますが、私、どんだけ運動不足? 

マウンテンバイクのあの微妙な前傾姿勢で?腹筋が?筋肉痛? 

あと「そういえば」が多すぎ、どんだけ学習してないの?

いやあ、情けないにも程がありますが、まあ、それはちょっと置いておいて。 


からだ学としては、からだの違和感や痛みは、からだからのメッセージを私たちにわかってもらいたくて教えてくれている、という考えです。 

じゃあ、前回の救急車騒動の時もそうだとして、このおなかの筋肉痛の「からだからのメッセージ」って何だろう。

痛くて寝転がっている間に、考えてみました。 

タッキー先生の「からだからのメッセージが、人生を変える」を読んだり「27のからだ学連続講座」を振り返ったり。  

それでですね、わかったんです。 

これ、きっと、「怒り」の感情のリリースだったのかなと。 


「27のからだ学と連続講座」でタッキー先生が、筋肉と感情の考察として、

「感情の傷っていうのは筋肉の緊張。一度ずつリリースするのとしないのとでは違う、

未消化のままだと筋肉に溜まっていく」っておっしゃってたんです。 

つづく。

カウンセリングルームイルカ〜こころとからだはつながっている〜

カウンセリングルームイルカは、量子漢方薬局ルナの『からだ占い®』部門として、 「からだからのメッセージ」を受け取るツール『からだ占い®』を気付きの種としてお配りします。  からだへの愛おしさを感じ、自分自身を知り、 それぞれのからだの役割を知り、  運命を自分らしく切り開いて欲しいのです。 こころとからだはつながっています。 一緒に、自分と自分の大切なひとたちのこころとからだを元気にしませんか。 

0コメント

  • 1000 / 1000